菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飼い主悲喜こもごも

二月並みに寒くなった本日、消化器内科の検査へ、
飼い主は向かいました。
数年前は、何が何でも受けたくない検査第一位が、上部内視鏡検査。
平たく言うと、胃カメラ。ぶっちゃけて言うと、オエオエする管。(爆)

萌えたのは、看護士さんの教育のされ方。(萌えるのかぃ…)
患者が一番苦痛な検査と感じる上位、ってことは本当によーーく分かっているらしく、
とにかく「楽にしなきゃ苦しい/肩で息しないで/ぼ~っとアホになってて」ばっかり。
(↑脚色してます)

検査室に入ると薄暗くて(やはりな…...orz....)
看護士さんの口調がにわかに「も~ったりゆ~ったり…」な脱力系で、
(どーせなら枕元にオカメインコ一羽ください)
検査中は、患者の肩をゆっくりリズムとりながらトントン…してくれて、
(子守りですね…)
検査技師の腕より、そっちに「よく分かってるテクだなぁ」と感心してました。

「オエッ!」となるよ~と、周囲は脅し心配してくれましたが、
それはまったくなくて、むしろ口の中の麻酔が苦くてヤな感じ。
「歯医者の麻酔と同じですよ~」「…歯医者の麻酔がワカリマしぇん…;」
「えっ?」 ……飼い主、治療痕ゼロなんです…。
ま何にせよ前処置の筋肉麻酔でボ~っとなってるから良いのですが;

「内視鏡入りまーす」「奥へいきまーす」「ハイ、一番奥ですー(十二指腸)」
…報告いらねーっ。(/`д´)/⌒Σ┻━┻ 

「奥入りまーす」ってのがなんつーか、腹たつわぁー。
よくも、奥まで物体つっこんだわねみたいな。

内視鏡は「私の小指より細いですから」と看護士さんはおっしゃいましたが、
それはそうなのですが、

その代わりに堅くて丈夫なのですよ

細いヒジテツでゴリリリッ!と胃壁を押される感じ。
あと、膨満感ね。中で薬品撒いたり空気入れたりしてるんだろうな。

なんにせよ、内視鏡のイチバンの嫌なポイントは、
「しかたねぇ…」と容認して、
異物を身体の奥まで入れてやらねばならんっつー、
負け戦の武将と同じような気持ちになることでしょう。
(そんな分かりにくい分析はいらない…)

「はい、終わりますねー」
ズルズルズルっ。
「あ、すいません、ここも組織取らせてください」
ナニその「帰りにちょっとココ持ってきますー♪」みたいなお土産感覚っ(涙)

「終わりましたよー」(飼い主口からたましい出かけ)
「異常はないですが、二カ所組織をとらせてもらいました。詳しくは診察の時に」
ハッ!ややややばい、この技師若いイケメンじゃんっ!(怒)
あたくし、口に麻酔されてダラダラですのにっ!(涙)

待合室で、飼い主はアイドル状態でした。
たまたまなのかもしれませんが、
周囲は「両親が10人ほどっ!」みたいな年齢差の方々ばかり。
異常ないなら、しなくていいよ内視鏡…(大泣) おにょれ、バリウム検査;

かわいそうなのはちょみさん。(涙)
おうちでヘチャっとなってました。(涙)
二日おきにクリニックへ行ったのが堪えてます…。

や、抵抗や爪攻撃は容赦ないので、大丈夫なのでしょうが....。
昨日も夜呼んでたし…。

お留守番させた分、たっぷり遊んであげる、ってことも
出来ないですしねぇ…。
カーテンかけて、暗くして休んでもらってます。
(追記:8時頃、思いっきり首傾げて呼び鳴き連続してました;)

体重はキープです。
ちなみに飼い主は胃痛で体重減です。

*・。. +・゜・.*
拍手ありがとうございます!


にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 飼い主トーク | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。