菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この世に居はじめた春

本日は増えまして、26グラム。
かぐわしき、もっふりな首もと(爆)
濃い感じの穀物フレグランス(爆)
時折、サプリのフルーツヨーグルト臭(汗)

あんまり食欲は増えてませんが、元気がない訳でもないです。
鼻水をプシュっと飛ばし(汗)、嘴がちょいとヨゴレ気味(涙)


ちょみさんは、7年前のみどりの日に、我が家に来ました。
漆黒の瞳の、蛍光をはらんだ薄いブルーのオナカの、
しっぽは深緑と青の虎縞のヒナヒナでした。

今日は四月一日です。
七年前の今日、まだちょみさんは生まれていないでしょうが、
たまごの中で、この世に居たはずです。

ちっさなちっさな、白いひとつのたまご。
それが全長20センチくらいの、
素敵な菜の花の羽衣いんこになるなんて、
不思議で不思議でしかたないです。

七年前、もうちいさなたまごで待ってたなんて、
そのちいさなたまごを、コチュコチュと嘴でつついて出て来るなんて、
それを思っただけでかわいくてかわいくてかわいくて、
萌えて萌えて萌えてしかたありません。(病)

「チミのお仕事はこの人間なのだよ
とか言われてて、
「えっ、この人間?めんどくさそー
とか思われてたらどうしましょvvv

ーーーええ。妄想のお遊びです。
春ですねぇ(コラ。)

一年前は、来年の四月なんて、来るだろうか?
…そんな感じでした。彼は入院中でしたから。
飼い主が面会を終えて、
夕刻にまぎれてコソコソ泣きながら帰ったのもこの頃です。

20090401.jpg


にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 飼い主トーク | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。