菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

面会

ちょみさんの病院へ面会に。

今日はごはん食べてました(´□`) 
ガツガツガツっと行くときもあれば、すみっこで固まってるときもあるそうだ。

私の前でガツガツやって、すみっこで生あくび。
「あくびしてますね~(=д=|||)」とご報告。
「あぁ~」と、先生はカルテへ記入。生あくびは吐き気です。
先生は「おナカ痛いんでしょうね」とおっしゃる。
なんてかわいいの。おナカいたいって、すみっこいっちゃうんだよ?!

上部の消化器の潰瘍なので、食べると痛むらしい。
小鳥にも胃痛があると思い知る。
体重は横這い。コンスタントに食べてる点から言えば、いつおうちに帰ってもいいが、やっぱ、まだ心配とのこと。

「また伺います」と言って、十分ほどで部屋を出たら、背後で先生が「ちょびちゃん、お母さんいっちゃうよ?」と声をかけていた。
なんだ?と思ったら、看護士さんが「お時間まだありますよ?もう良いんですか?」と声をかけてきた。
30分もじ~っとちょみさんを見つめてるなんて、出来ません。
「入院してさみしい」気持ちより、ちいっさなちょみさんが保温ケースに入っているのを見ているのが、嫌なんです、てか見てらんない。

これが今生の別れだったら、本当に後悔すると思うわ…。
10分で部屋を出た私は、薄情な飼い主だろうか?

「お母さん行っちゃうよ?」の後、どんな言葉が続いたんだろう??
スポンサーサイト

| ちょみさん | 21:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。