菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肌寒い。
緊急でバードクリニックへ。

「ちょびちゃん、お注射に通ってください」
のぉぉぉぉ~!!(T□T)

肝臓のお薬と、栄養だって。点滴に相当だって。
翼の下に、一センチくらいの注射針で射ちます。

あれから一日3回強制給餌してます。
イヤイヤしようが、顔がフォーミュラーで固まろうが、容赦なく流動食を流し込んでます。

フォーミュラー(流動食)を与えると、シャッキリするんだちょみさん。
「5~6滴も飲んでくれて、イヤがらないコはめずらしいです。それでシャッキリするなら、そのまま続けてください」だそうで。

今日は調子良いので、看護士さんに「先日スフレ型に座っちゃって!(T□T)」と訴えても、ちょみを見て「大丈夫そうですね」って言うし、先生は先生でやっぱり「そうですかぁ?」って語尾上げ発音だし!

強制給餌で盛り返したので、一番悪かった頃を診せられませんでした。

ちょみさんは、最近おしゃべりしない。
しかし、つかんで薬を飲ませる私より、賑やかで声をかけるだけの母の方に愛嬌をふりまくらしい。
おにょれ~(´□`;)



最近の読書
「針女」「女弟子」有吉佐和子、
「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒの憂鬱」
スポンサーサイト

| ちょみさん | 21:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。