菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お盆と先祖と文学。

嬉しいことに、またちょみさんの「ちょりん♪」が聞こえて来るようになりましたvv

ちょみさんちょみさんvv 何へのお声?
「アンタのチョイス、それでいいんでつ
なのか、
「心晴れまちたね?
なのか、ちょっと分かりませんが(笑);

6月7月は心が曇って、ちょみたんの声なんか、まーったく聴こえませんでした。
「ちょみさん遠くへ行ったか....」と思ったものでしたが、
実はこっちがアンテナを立てられなくなっていたのかもしれません。




さて、真夏になって図書館スキー度が上がりっ放しなのですが(仕事せぇ。)、

最近は文豪の作品が新刊として、カバーが一新されて発売されることが多くなりました。

新潮文庫の「雪国」は白銀一色の表紙、「こころ」は白一色、
「金閣寺」は金色一色、「人間失格」はショッキングピンク。

集英社の文庫は「たけくらべ」が行間が広がっていて、読み易くなっていました。
表紙は漫画絵ですが。


我が家からは、与謝野晶子の「みだれ髪」が発掘される。

201008061531000.jpg

201008061532000.jpg

復刻版で、特殊な長方形の本です。絵柄はアールデコ。
よく買ったわ、母.....。
書店や古書店ではなく、文学館にあったそうです。




自分の本棚からは、忘れかけている本がいっぱい。

「地獄変」「舞姫」「伊豆の踊り子」「濹東綺譚」
「斜陽」「刺青」.........

この夏は日本の純文学にひたりっきりですわ(´▽`;)



さて、「誕生日大全」という、占星術と心理学と数秘術を混ぜた、統計学の分厚い本があります。
でも何故か出版が「主婦の友」(笑)

366日、全ての誕生日の傾向「この日に生まれた人はこんな人」が書かれた本です。
加えて、「友達/恋人」「力になってくれる人」「ライバル」「ソウルメイト」「運命の人」も表記されています。
あなどれん閻魔帳(違)

私の場合、「力になってくれる人」にパパ親、
「友達」に二人の祖母、蠍座の燃えるお友だち、山羊座の寂しがりのお友だち....
が入っていました。

割と理想の男性像のママパパである祖父(乙女座)、のBD欄には「力になってくれる人」に私、
ちょみさんの連れて来た(違)殿方(牡羊座)のBD欄には「友達恋人」の欄に私が入っていました。(ちなみに「ライバル」欄に私の両親(汗))

ママパパである祖父にとっての私は、「祖父が笑顔を取り戻したきっかけ」でもあります。(叔父談)
.....初孫の顔を見たら、誰だって顔が緩くなるよ~ってのは禁句vv
物静かな乙女座の祖父が「カッカッカッ」と御老公のように笑うようになったそうです。


この本を見て感じるのは、(統計学が合っているとして)、
人間っちゅぅのは必ず関係性があって、その日を選んで生まれるのかなあと.....思ったりします。

それが 「あっ(・ω・)+゚ *・。. +・゜・.*」という喜びの驚きならなお良いのです。
こういうのもまた、生きてゆく力になると思います。





拍手、恐れ入ります(-人-)

コメントありがとうございました>Mお様

お返事は折り畳み~vv






にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村



Mお様>

毎日暑いですよね~;コメントありがとうございましたvv
一年は長いような、あっという間なような…です(´Д`)
でもその間も、ぺぴたんがご健在なのはとっても嬉しいことです。
写真もたくさん、ありがとうございます(´ω`〃)
ぺぴたんの首の後ろに一番、さだこさんのモフリ欲が沸き上がって....(禁/怪)
秋にまたお会いしましょう*・。. +・゜・.*
スポンサーサイト

| 飼い主 | 23:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。