菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

震災以降

生きてます。
グラッ!!!と来たとき、携帯と(下記記事のビーズちょみさん付きw)、ちょみさんの写真を握りしめてしまった飼い主です。
(旧・飼い主と言うべきですか)

都内でも、深夜まで10時間近く電気が来ませんでした。
極寒期だったら.....と思うと怖いですが、そうも言ってられない状況でした、日本列島。

TVが通電して自動的に点いた時、映っていたのは気仙沼の炎。
「ここは。。。。どこだ??」日本列島です。


そんなこんなで、先週はたくさん停電し、毎日仕事のスケジュールを変えました。
挙式打ち合わせもお休み。
ストレスで体が変化して行きました。

九段会館、崩落してしまいました。
十二単が着られるということで、「行こうか?」と話していたものの.....
何となく、本当になんとなくやめた九段会館。

オカメインコ....もとい、新郎の田舎は茨城で、親族は北茨城ですが、
義父が救援に向かってそのまま音信不通になり、
息子の新郎はそもそもオカメインコなのでまったりさんなので、
情報集めは私がしました......


いろいろ周囲を見てみて、結局人って、こういう時に「体を張れる人」と「動かずに何かする人」とに分かれるもんだなと感じました。
どちらも必要、そして一長一短。陰と陽みたい。どちらが偉い、は無い。

幸い、全員無事でいます。


「エダノは寝ろ」「カンは起きろ」「イシハラはお口、ミッフィーちゃん」という名言ツイートが流れましたが。
「天罰」は格好つけて表現したって何も生まれない代表的な言葉かと。
そもそも天が何かするときは、一気に、信じられない力で来ると思いますが、
だからって、憎いからじゃないと思うわけ。
翌日から、やっぱりお天道様は姿を見せて、春もちゃんと来るわけさ。

一日の流れ < 季節の流れ < 時間の流れ <神の領域。 
日の光が出たら、やっぱり神さんは慈愛を駆使してると思う。
ただし、「人間」という一括りだとは思う。
「被災地域の人」「被災地外の人」という分け方をしているかは誰も証明出来ない。

原発持ちで、被爆国の日本に地響きが起きたということは、
「日ノ本の人民だからこそ、考えなさいよ」という意味かもと思ってみたりします。

暇人的発想でごめんなさい。


東京で震度5が来て、その日は、やっぱり強風が吹きました。
やな感じの強風でした。
思うんですけど、「地震」のあとには「強風」って多くないですか?
呼応するのでしょうか?地の女神と風の神。

「気圧の関係ですねー」 ああそうですかそうですか。


春になり、桜が咲き始めました。

いんこ嗅ぎにゆきたいですー。
スポンサーサイト

| 飼い主 | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。