菜の花のかざぐるま

羽衣(梵天)の通称「ちょみさん」の闘病記録と、落鳥後の飼い主の様子です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

通院

暖かくなったので、二年ぶりにバ-ドクリニックへ行く。

最近のちょみさんは、朝オエオエやるのです。丸くなってるし、極寒期を越えたらすぐ連れて行く予定でした。
この日、体重はなんと26.5グラム。アンタ、やめてくれ。

いつものようにそ嚢と糞便検査をやったら、うんぴにデンプン質がそのまま出てしまっていて、消化不良とのこと。
そ嚢は胃液が糸を引くけど、そんなに悪くない。
「ということは、間の消化器に何かありますね」と、レントゲンを撮ることになりました。
小さいんですよ!レントゲン写真!トランプより小さいよ!

結果は、消化器に詰まりがあるとのこと。
何か飲み込んだりでなければ、6才という高齢を考えて、癌の可能性を否定出来ないと、獣医さんはおっしゃいました。
細かい検査はバリウム検査をしないと分からないそうで、しかし、10分毎にバリウムを飲ませるので、消耗が激しく、今は出来ないと言われました。

胃薬と抗生物質と、肝機能の薬と、餌を食べなくなった時のための流動食を処方されました。
飼い主、ボーゼンですよ。母は萎えてましたよ。
小鳥さんは27℃くらいで耐えられるはずですが、ちょみさんは35℃設定にして、ヒーターもスタバのキャニスターくらい大きなものに変えました。40ワットです。
電球自体が¥2000くらいのアレ。

赤ちゃんの頃からヘロヘロなコだったので、通常の鳥ちゃんよりアレレなのは仕方がないことです。
癌なら癌で、静かに過ごさせてやるしかないのです。
スポンサーサイト

| ちょみさん | 21:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。